無印良品 バイト シフト

無印良品のバイトのシフトはどうやって決まる? 【なるほど!ソッコー早わかり】

スポンサードリンク

無印良品でバイトしたいのは山々だけど、可能な限り自分の都合に合わせてバイトしたい…。

 

そこで気になってくるのが、無印良品のバイトのシフトです。

 

無印良品では、一体どのようにバイトのシフトを組んでいるんでしょうか?

 

シフトの組み方について、分かりやすく説明しますね。

 

まず、無印良品のバイトのシフトは、基本的に固定シフトになっています。

 

固定シフトなので、自分が出勤する日時が前もって決まっているというわけですね。

 

無印良品のバイトは、早番や遅番も担当します。

 

無印良品のバイトスタッフの多くはショートタイム勤務なので、フルタイムで働いてるパートナーと組み合わせて具体的なシフトが決まります。

 

シフトの組み方は、毎月に1回、各スタッフが予定を提出します。

 

スポンサードリンク

 

その予定をもとに、正社員がシフト組んでいくという流れです。

 

もちろん、自分がどうしても休みたいときには、休むことができますよ。

 

ただ、その場合は、前もってシフトを作成する社員の方に伝えておいてくださいね。

 

そうすると、何の問題もなく希望通りに休みが取れますので。

 

固定シフトの方が好き、固定シフトは嫌いなど、ライフスタイルによってシフトの組み方は好みが分かれるところですが、固定シフトにはやはりメリットがあります。

 

それは、勤務するスタッフのメンバーが決まっているので、人間関係を構築しやすいんですね。

 

いつも同じように顔合わせる人とは、やっぱり距離感が縮んできますし、親しみを感じやすくなります。

 

そうすると、おのずと職場で団結力が生まれやすくなりますよね。

 

一緒にお店を盛り上げていこうという意識が強くなっていくわけです。

 

人間関係がスムーズだと、仕事だってやりやすくなりますし、困ったときにも相談に乗ってもらったり、逆に相談されたりすることもあります。

 

それに、いつも同じ日にちや時間帯でバイトできるので、生活にリズムが生まれてきます。

 

人間にとって、最も負担のない働き方というのは、なんといっても「一定のリズム」が大事なのです。

 

無印良品のバイトを続けていると、どうしても休まないような場合もありますよね?

 

突然体調を崩したり、子供が熱を出したりなど、突発的なタイミングで急な休みが必要になるケースはやっぱりあるものです。

 

そういった場合は、すぐにお店に連絡してください。

 

無印良品の店舗はギリギリの人数で回していることが多いので、代替要員として、どうしてもすぐに他のスタッフを確保しなければならないからです。

 

スポンサードリンク