無印良品 バイト きつい

無印良品のバイトはきつい?大変? 【体験者が語るきつい部分をおしえます】

スポンサードリンク

無印良品のバイトは、きついという声があるのも本当です。

 

実際に無印良品でバイトしてみるとわかると思うのですが、確かにキツイと感じることもあります。

 

思った以上に体力仕事ですし、結構ハードなんですよね…。

 

なぜ、無印良品のバイトきついという声があるのか?

 

その理由は、「商品数が多い」ということに一因があります。

 

無印良品のお店には、雑貨から家具などの大型商品まで取り揃えられています。

 

これらの商品を店頭で販売するためには、荷受けや品出し、梱包などの作業工程があるわけです。

 

あっちこっちとお店とバックヤードを行き来したり、立ったり座ったり腰をかがめたり…。

 

そしてその間にレジ業務などもありますし、せわしなく体を動かさなければならないわけです。

 

スポンサードリンク

 

仕事に慣れないうちは、これが結構ハードで大変なんですね。

 

大型家具などを扱うときは、筋力を使いますし、かなりきついですよ。

 

品出しを行うときは、開店前に全て終わらせなければなりません。

 

バイトを始めてからそれなりの期間が経てば、いつの間にか売り場覚えているでしょう。

 

しかし、初心者のうちは、どこにどんな商品があるかも分かりませんよね。

 

ですので、初めのうちはテキパキとこなさなければならない品出し作業を、特に厳しいと感じるかもしれません。

 

無印良品のバイトをきついと感じるのは、「お客様対応」の時にもあります。

 

お客様は何か困ったことがあるからスタッフに聞いてくるわけです。

 

ところが、その意図をしっかりと汲み取らないと、お客様が求めているものとは違う対応をしてしまうことがあります。

 

実際に、「このお客様は一体何を言いたいのだろう?」と言うシーンもあり得るわけです。

 

世の中にいる人の全てが、自分の言いたいことを言葉で100%表現できるとは限りませんからね。

 

ですので、常にお客様の視点に立ってものを考えるという習慣を身につけられると、無印良品のバイトスタッフとして一皮むけることができるでしょう。

 

スポンサードリンク