ヤマダ電機 バイト 正社員

ヤマダ電機でバイトから正社員を目指す!

スポンサードリンク

ヤマダ電機のバイトの求人情報を眺めると、社員登用の文言を頻繁に目にします。

 

家電量販店への就職を希望する人にとって、新卒や中途採用以外にもバイトから正社員への階段が用意されているのは嬉しいことです。

 

ただし、バイトからいきなり社員という道筋よりは、バイトから契約社員、契約社員から商品知識や接客などの試験を受けて合格したら正社員へ、というルートが固いようです。

 

数年バイトをする中でヤマダ電機側から必要な人材と思われるには、ノルマをこなす必要もありますし、商品知識はもちろん専門的なスキルを磨く必要も出てきますので、それなりの覚悟と努力が必要になります。

 

正社員になると給料は上がり福利厚生なども充実するのは確かですが、バイト時代に比べて責任は格段に重くなります。

 

普段接しているヤマダ電機の正社員の中に憧れるような人がいれば、その人を目標にすると早道かもしれません。

 

スポンサードリンク

 

ヤマダ電機のバイトの社割はあまり期待できない

飲食店でのバイトならまかない、家電量販店のバイトだったら家電製品の社割を期待する人も多いのでは。

 

ヤマダ電機のバイトの特典は何と言っても時給の高さ、これに尽きるでしょう。

 

その分、社割は地味な扱いのようですよ。

 

バイト募集には、社員割引制度をうたっている店もありますが、多くの口コミを集約すると社割はほとんど期待できないようです。

 

ヤマダ電機はお客さんとの間の値下げ交渉ですでに仕入れ価格ギリギリの最安値で商品を販売しているのが常。

 

いくらバイトと言っても、この価格を下回った価格で購入できるとは考えない方がいいでしょう。

 

薄利多売をミッションにした店のバイトはおおよそこんな感じです。

 

社割を使うよりも、値引き交渉術を身につけたのなら、どこかの量販店で実際に値切って買った方が安くつくという声もありますよ。

 

このほか、ヤマダ電機はエプロンの支給はありますが制服はバイトには支給されません。

 

白いシャツと黒いズボン、靴などは自分で準備する必要もあるのだとか。

 

スポンサードリンク