ヤマダ電機 バイト 面接

ヤマダ電機のバイトの面接で聞かれるのは基本3つ

スポンサードリンク

ヤマダ電機のバイトの面接で聞かれるのは、自己紹介、勤務希望、そして志望動機の3つです。

 

持参した履歴書に基づいて話しが進められるので、当日しどろもどろにならないようにあらかじめしっかりした内容の履歴書に仕上げておくのがコツです。

 

勤務希望については自分の都合を伝えることは大切ですが、人手が足りなくなる土日、祝日なども入れる旨伝えた方が採用の合格率はあがります

 

また、ヤマダ電機は接客業ですからバイトの面接官は内容よりもむしろ話し方や雰囲気を観察しているなどといった口コミが目立ちます。

 

人と話すことに苦手意識のある人や緊張した場面で声が小さくなったりする人は、事前にロールプレーをおススメします。

 

服装については、基本は万人受けするものです。

 

無頓着な面接官もいるかもしれませんがジーンズなどは不快に思う人もいるでしょう。

 

スーツまでは必要ありませんが、ヤマダ電機のバイトにふさわしい、相手にさわやかなイメージを与える服装で。

 

スポンサードリンク

 

ヤマダ電機のバイトは本部が不採用を決める

バイトの面接に行って不採用の通知を受けると落ち込みますよね。

 

面接はうまく行ったのに、という感触があると落ちたショックが余計に大きくなるものです。

 

ヤマダ電機の場合はバイトの面接は各店舗で行われますが、バイト採用の合否については本部の人事で決められるようです。

 

このため面接官との相性は良くても、本部に渡った書類で不採用にされることもまま起こってくるようです。

 

働ける曜日や時間、家から職場までの距離など、ヤマダ電機が欲しいと考える人材と自分の条件がことごとく合わない場合などは、面接時の印象がどれだけ良くても採用は難しくなります。

 

バイト不採用の理由については「定員に達しました」など以外は教えてもらえないので、不採用の理由をあれこれ考えるよりは、気持ちを切り替えて新しいチャレンジにのぞみましょう。

 

ちなみに、ヤマダ電機は採用通知までの時間がまちまち。

 

10日に及ぶこともあるようですが、長いからといって不採用の可能性が高いということはないようです。

 

スポンサードリンク