ヤマダ電機 バイト 初日

ヤマダ電機はバイトの初日から即実践を求められることも

スポンサードリンク

バイトの初日は、とにかく緊張するものです。

 

仕事内容はもちろん、職場の雰囲気や働いている人たちの様子を頭にインプットするだけでパンク状態です。

 

ヤマダ電機のバイトも例外ではありません。

 

店や店長によって温度差があるようですが、初日からある程度は仕事を振られることを覚悟した方がよいでしょう。

 

最初はレジや品出しなど各持ち場で先輩アルバイトや社員から仕事の説明を受けながらメモを取って覚えることになりますが、バイトにペースに合わせてもらうことは期待できないかもしれません。
一通り説明したら即実践を求められる場合も多いようです。

 

ヤマダ電機は競争の厳しい業界なので、アルバイト教育にじっくり時間を掛ける余裕のない店が多いとも言えます。

 

こうしたヤマダ電機の特性を踏まえ、初日からでもとにかく聞くべきことは聞くという姿勢が大切です。

 

聞かないで失敗した場合には、より厳しい指導を受けることにもなりかねません。

 

できたら優しく教えてくれる社員を見つけるなど、仕事をスムーズに覚えられる工夫を編み出したいものです。

 

スポンサードリンク

 

ヤマダ電機のレジのバイトで行うクレジットカード処理

ヤマダ電機のバイトは、かしこまった研修時間は少なく、仕事をしながら内容を覚えていくというスタイルの店が多いようです。

 

このため、クレジットカードやポイントの処理など覚えることの多いレジ業務は、仕事に慣れるまでは特に苦労が多いと言われます。

 

多くの口コミを見ると、バイトでも現金処理を理解したら即戦力に数えられてしまったという声も。

 

ヤマダ電機で使用されるクレジットカードには、ヤマダ電機のLABIカードや他社カード、ICチップ付きのものとそうでないものがあって、それぞれポイントの付き方も違えば、処理方法も異なります。

 

忙しい時間帯には、先輩や社員たちに尋ねるのも難しいでしょうから新人バイトにとっては確かに酷な状況かもしえません。

 

ヤマダ電機のように高額商品の多い店ではクレジットカードでの支払いをするお客さんが多いので余計に苦労は多いようですが、一方で場数を踏めるので覚えるのも早いと前向きに考えられる人もいます。

 

スポンサードリンク