ヤマダ電機 バイト きつい

ヤマダ電機のバイトの口コミで多い「きつい」は本当か

スポンサードリンク

ヤマダ電機のバイトの口コミでよく目にするキーワードが、「きつい」「つらい」。

 

時給が比較的高いということでバイトを希望する人はたくさんいるようですが、一方で辞めていく人も少なくないのだとか。

 

きつい理由の筆頭に挙がるのが、「研修がほとんどないのに現場に即投入される」、「ノルマ競争でピリピリしているので社員に聞けない」等。

 

ヤマダ電機は男性の従業員が多い上に社員たちのノルマ競争もあってか、体育会系の雰囲気が優勢、バイトの小さな声に丁寧に耳を傾ける気運は低い傾向にあるのが特徴なのでしょう。

 

「暇すぎてきつい」等という声もよくみられるので、バイトに任された仕事の範囲が小さい店も多いと言えるのかもしれません。

 

ただし、時給に惹かれるだけでなく電化製品が好きだったり接客が得意な人の場合には、ヤマダ電機のこうした雰囲気の中でも、さほどきついと感じることなくバイトを続けていけるようです。

 

スポンサードリンク

 

ヤマダ電機のバイトが「楽しい」と思える理由

ヤマダ電機のバイトは、社員たちが激しいノルマ競争を繰り広げる職場というだけあって「厳しいバイト」といった意見が目立ちます。

 

ヤマダ電機に同じ世代のバイトが集まるクラブ活動のような雰囲気を期待すると失敗するかもしれません。

 

しかし、「楽しい」「勉強になった」と評価する声も少なくありません。

 

楽しいと感じられるのは、「活気があって社員たちが気さくに仕事を教えてくれる」、「緊張感があっていい」、「接客が楽しかった」等の理由です。

 

ヤマダ電機は、仕事をする中でバイトに慣れていくタイプの職場ですので、慣れるまでは苦労しても、仕事を覚えてしまえば長く続けられるバイトなのかもしれません。

 

そのためには、商品知識を増やすなど自分でできることは自分で努力して、わからないことは忙しい上司に不機嫌にされても積極的に聞いていく姿勢が大切です。

 

仕事ができるようになれば接客を楽しいと感じる余裕もでてきますし、社員たちからの信頼を得ることにも成功するはずです。

 

スポンサードリンク