ヤマダ電機 バイト 採用

ヤマダ電機のバイトの採用は本部が決める

スポンサードリンク

ヤマダ電機のバイトを希望する人が面接に行った場合、採用の合否を決定するのは面接した店ではなくて本部の人事担当になるようです。

 

このため、その場で採用が決まるということは基本ありません。

 

即日合格通知を受ける場合も本部を通して決まるようですし、採用通知までの時間と合否は必ずしも関係がないようです。

 

一般的には面接からバイト採用の知らせを受けるまで数日から長くて10日くらいの幅があるようです。

 

面接した店のヤマダ電機の面接担当者から、「採用されるように、(本部に送る書類に)良いこと書いておいてあげるからね」等と言われる場合もあるのだとか。

 

もちろんヤマダ電機の店長が最終的な合否を決めるわけではないので、面接時の熱意が空振りする場合もあるかもしれません。

 

ただし、店長に欲しい人材だと思ってもらえればバイト採用の可能性は間違いなく上がりますので、面接時には担当者へいかに自分をアピールできるかは大切な要素です。

 

採用通知の日程については確認しておき、期限までに連絡がなければ自分から連絡しましょう。

 

スポンサードリンク

 

ヤマダ電機のバイトの志望動機はコミュ力のアピールを!

ヤマダ電機のバイトの面接では、自己紹介や勤務希望が重要な要素になりますが、必ず聞かれる志望動機についても手ぬかりなく。

 

ヤマダ電機は社員の割合が多い職場ですので、大きな責任がバイトに回ってくる可能性は少ない傾向にあります。

 

このため、バイトに求められるスキルは、家電等の商品知識よりはむしろ社員たちとうまくやっていくための協調性や、お客さんに良い印象を与えるコミュニケーション能力です。

 

志望動機にこうした点がアピールできれば、バイト採用の合格の可能性は上がります。

 

「人と関わるのが好き、得意」「活気のある職場で社員の方々の接客スキルを学びたい」等は○。

 

「大学の学費を稼ぐために一生懸命働きたい」といった熱意もヤマダ電機側から「長く働いてくれるバイト」という印象を持ってもらえるかもしれませんね。

 

ちなみに、ヤマダ電機を持ち上げる内容を志望動機に入れるのは悪くありませんが、中途半端な知識を披露して逆に質問されて墓穴を掘るなんてことにならないよう気をつけたいものです。

 

スポンサードリンク