ヤマダ電機 バイト 大変

ヤマダ電機のバイトが大変だといわれる理由とは

スポンサードリンク

ヤマダ電機をはじめとする家電量販店は、ライバル店との値引き競争が激しいこともあって、店員とお客さんのやりとりも幾分勝負っぽいところがあるのが特徴。

 

このため、職場も穏やかというよりは、つねに臨戦態勢を強いられる雰囲気

 

よく言えば活気があるとも言えますが、初めてバイトする人や、慣れない人にとっては大変な職場と言えます。

 

また、ヤマダ電機は正社員や契約社員、メーカーから派遣された社員など、さまざまな雇用形態の社員が各店舗に所属していてその数はバイトより多いのも特徴。

 

言いかえればバイトが主力になるような職場ではなく、社員の補助的役割を担うのがバイトの仕事です。

 

社員のようにノルマを課せられることはほとんどないので一見大変ではないようにも見えますが、ノルマやお客さんのクレーム処理にあくせくする社員の影響力が強いので、社員たちからの心理的な圧迫感を背負う場面も少なくないようです。

 

ヤマダ電機のバイトが大変と言われるのは、その辺に理由があるようです。

 

スポンサードリンク

 

ヤマダ電機のバイトの評判は厳しめ

ヤマダ電機のバイトの評判は、全体的に厳しいものが目立ちます。

 

覚えることが多い、いつも社員の人が忙しそうで声をかけずらい、仕事を丁寧に教えてもらえない、トランシーバーの店長の怒号が怖い、等など。

 

仕事の内容よりも、社員たちとのやりとりや関係から出てくる悩みや不満などが、厳しい評判を多く生み出している感じです。

 

これは、社員並みの働きを期待される職場と違い、社員の補助的な仕事を回されるヤマダ電機のバイトの特徴を反映しているとも言えます。

 

ただし、「自分の店の社員たちはとても優しくて親切」、「自分が努力して商品知識を増やせば接客も楽しい」と言った声も少なくありません。

 

ヤマダ電機の店長の人柄や方針などによって社員や店の雰囲気も大きく変わりますし、自分の努力次第で社員に準じた仕事を任せてもらえる機会も増えてバイトを楽しめることもあるようです。
店次第、自分次第で評判が分かれるバイトと言えるのかもしれません。

 

スポンサードリンク